野田ハウスはこだわります

人のつながり~地域のつながり~空間のつながり

耐震診断の必要性

野田ハウスは野田市で創業して今年で 40年を迎える「注文住宅ひとすじの工務店」です 。地域住民の皆様と家族 のようなおつきあいができるような地域密着型の住宅会 社を目指して活動しています 。

平成18年4月に日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協、国土交通大臣認可法人)に加盟し、理論に裏打ちされ た最新の木造住宅耐震技術を定期的に学習し、 日々の建築業務に取り入れています 。木耐協に加盟以来多くのお客様に耐震診断を実施して参りましたが「やっておいて本当によかった」とお喜びいただいております。

わが国での様々な大震災を教訓に建物の耐震診断が必要性ですが、地方自治体による診断はほとんど進んでいないのが実情です。 また残念ながら悪質な業者もはび こっており、信頼できる業者に診断してもらうととが難しい状況に芯っています。 大震災で犠牲になられた方の8割以上が建物の倒壊によるものであり、建物の倒壊を防ぐことで被害を大きく軽減できるのです 。

そこで野田ハウスでは、皆様にご自宅の状態を把握していただくととが急務と考え、木造在来工法住宅の耐震診断を無料にて行っております。 「来るか来ないかわからない大地震のためにお金をかけてまで耐震なんて・・・」と思いとどまっていた方は是非この機会にお申込みください。

"大地震"への備え~だいじょうぶですか?

野田ハウスでは訪問営業などでの勧誘はいっさいしておりません。 ご依頼があった場合のみ診断や補強方法の提案をしております。「耐震診断」との依頼があった場合、耐震技術認定者の資格を持つ社員が依頼者(お客様) のお宅を所定の方法に基づいて調査し、帰社後、データを整理してから詳細な検討を重ねた上で診断結果を出します。

初めて耐震診断で訪問したその日のうちに結果を提示したり、すぐに補強工事お勧めいたしません。たとえ耐震診断の結果が”補強が必要”となっても 、 実際に補強工事をするか否かは依頼者(お客様)の判断におまかせしています。

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)のご紹介

野田ハウスが加盟している日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)は耐震補強の分野では日本最大の協同組合です。

平成10年7月に民間の任意団体、木造住宅耐震補強推進協議会として発足し、 平成 11年3月4日より建設省(現在の国土交通省)を主務官庁とする協同組合として新たなる一歩を歩み始めました。
平成19年4月現在、全国で約 1000社の建築業者が組合員として参加しています。
全国には土木建築関係だけでも多数の協同組合が存在する中、既存木造住宅の耐震補強の分野では木 耐協が初めての試みであり、耐震診断 や補強プラン提案等の普及啓蒙活動に向けて、また、補強技術の研究・開発と普及に関して大きな原動力となり得ることと確信しています。

【日本木造住宅耐震補強事業者協同組合】(略称:木耐協)
所在地:100-0014 東京都千代田区永田町 2 9-6 十全ピル703
電 話:03-5510-5551(午前9時~午後6時)
詳しくはコチラ>>>

Page Top